無料
エロ
動画
M男目線
CFNM、サキュバス、痴女等M男系小説やコラムを公開していきます。
M男系情報

最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
その他

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録


羞恥プレイ
初めて羞恥プレイをした

衝撃は一生忘れられない。


M男の道の第一歩をここで

踏みしめた気がする。


全裸にされて

はりつけにされ

身動きできなくされ

二人の女性が

俺のちんちんをじっくり

観察し、言葉責めをする。



あんなに興奮したことは

生まれて初めてだった。


男にとってそれ以上隠す部分が

ないくらいの部分を

さらけ出す快感。


しかも複数の女性に

見られるという非日常性が

さらに興奮を高める。

普通に生きていたら

複数の女性にちんちんを

じっくり観察されることなんて

めったにないだろう。



それからぷりんぱは

羞恥プレイの虜となった。



俺は・・・変態だろうか?



世間一般から見ればそうだろう。

でも、俺はそんなに自分を

変態だとは思っていない。


嫌がる女性に無理やり

恥部を見せて喜ぶといったような

犯罪なんて絶対しないしね。



昔、テレビで

精神科医だったか

カウンセラーだったか忘れたが

羞恥プレイを治療に

取り入れた女性がいた。


男性患者を

全裸で縛って寝かせて

恥部を観察し言葉責めをするのだ。



詳しいことはわからない。

そういう治療行為を

お金払えばやってくれる・・と

いうわけではないと思うが・・


とにかく、

心理学とかそういうのは素人だから

わからないが

羞恥プレイが精神的にいいというのは

あるような気がする。



ぷりんぱは

あまり自分をさらけださない性格なのだが

だからこそ羞恥プレイが興奮するのだと思う。

出したくてもなかなか出せない裸の自分を

引き出してくれる、それが羞恥プレイ。



実は今でも全裸で縛られてるところとか

女の子達に見られるのは

凄く恥かしい。




でも、その恥かしさが

気持ちよさに変わるのだ。



一生やめられるものではない。


皆さんも羞恥プレイ、

一度経験されてみては。

ハマって抜けられなくなっても

責任は取れませんがね・・・w








M男目線
【2008/07/17 20:04】 コラム | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |


S女は本当に実在するのか?
M男の永遠の憧れ。

S女。


S女は本当に実在するのだろうか?


どんなS女に見えても

結局女はみんなMだという人もいる。


それも一理あるような気がする。


でも、行きつけのM男系風俗店の

風俗嬢と話してると

そうでもない気がする。



もちろん彼女達はお金の為に

やってるんであって

好き好んでやってる人は

いないと思う。



ただ、数ある風俗の中から

わざわざM男系風俗店を

選ぶというあたり

やはり潜在的に責め好き

と言えるのではないか。



M男系風俗店は色んな事を

要求されるため

大変だと思う。


その気になればもっと

楽に働ける店もあるだろう。


なのにM男系風俗店を

選ぶ風俗嬢・・・



S女はきちんと存在するのではないのか。



ちなみにぷりんぱは

似顔絵ではかっこよく書いてあるが

子犬顔をしてるらしく

S女から見ればたまらないらしい・・・。

こないだついた娘に

そんな風に言われちゃいましたw


M男の皆さん、

あきらめずS女さんを探しましょうw






M男目線
【2008/07/17 19:44】 コラム | TRACKBACK(5) | COMMENT(1) |


サキュバス・リタイアー2
「こ、これは!!!」


念願のサキュバス・リタイア・・

こ、これで叶うかもしれない!


「よ、よし、電話しよう」


章吾はその携帯電話に電話をかけてみた。


数回のコールの後、

中年らしき男が電話に出た。


「はい、もしもし」

「もしもし・・

あ、あの・・月刊サキュバスを

見て電話したんですが・・・」

「あぁ。サキュバス・リタイアですか。

すぐにでも案内できますよ」

「ほ、本当にできるんですか?」

「できますよ。うちはそれを

生業としていますからね」

「あの・・料金は・・いくらですか?」

「30万円」

「さ・・30万円!?」

「こちらも危ない橋を渡るもんでね。

それくらいはいただかないと」


30万円・・貯金をはたいたら

なんとかなるか・・

どうせサキュバス・リタイアしたら

その後はお金なんていらないんだし・・。


「わ、わかりました。払います」

「即金でいただきますよ。

サキュバス・リタイアした後は

お金払えないですからね」

「は、はい・・」

「では車で迎えにいきますんで・・

いつがいいですか?」

「え〜・・・」


章吾は少し考えて言った。


「明日でもいいですか?」

「いいですよ。明日ね」


早めにしないと決心が鈍りそうだったのだ。


その後、

待ち合わせ場所と時間を

相談しあって決めた。


「では、明日。お待ちしてますよ」

「は、はい。よろしくお願いします」

「わかってるとは思いますが

この事は他言無用でお願いしますよ。

はっきり言ってやばい事ですから」

「わかりました・・・」


章吾がそう言うと電話が切れた。



・・・・・。




やった。



ついに念願の

サキュバス・リタイアができるんだ。

サキュバスに

どんなことされるんだろう・・

やっぱりすごく

気持ちいいんだろうな・・。


章吾は想像を膨らませ、

オナニーをした後床についた。


続く





M男目線
【2008/07/07 21:38】 人外小説 | TRACKBACK(1) | COMMENT(4) |


M男系情報




プロフィール

ぷりんぱ

Author:ぷりんぱ
M男に市民権を!
全てのM男さんを
応援します!

検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
珠玉のリンク集
RSSリンク
PoweredBy

Powered By DTIブログ


close