無料
エロ
動画
M男目線
CFNM、サキュバス、痴女等M男系小説やコラムを公開していきます。
M男系情報

最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
その他

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録


サキュバスは本当に実在するのか?
いねえよ。





M男目線
【2008/07/18 20:22】 コラム | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |


痴女は本当に実在するのか?
M男の永遠の憧れ、痴女。

この痴女って言葉大好きです。

この言葉見てるだけで癒されますw



でも、痴女って実在するのでしょうか?



痴女の定義が難しいですけども、

M男系小説に出てくるような痴女は

なかなかいないでしょうね。

こんなブログやってて

そんなこと書くのもなんですが。



そもそも男は女の裸を見たいとか

体を触りたいとかあるけど

女は男に対してそういうのないでしょう。

あるとしたら好きな男に対してだけで。



よく電車乗ってて

痴女に股間を触られたとか

そういう体験談がありますよね。

あれも全部が嘘とは言いませんが

実は妄想だったりするかもしれないし、

もしくはニューハーフだったかもしれない。


笑っていいともの会場アンケートで

誰かが痴女行為をしたことある人って

質問した人がいましたが、

0人だったんですよ。


痴女はやっぱり存在しないのでしょうか・・。



でも、Hが好きな女性はいるし

下ネタ大好きな女性もいますしね。

この世のどこかには

いるかもしれませんが・・・。




女性は基本的に好きな男性としか

Hをしたがらない生き物です。

ですから、自分だけの痴女を

見つけるしかないかもしれませんねw






M男目線
【2008/07/18 20:19】 コラム | TRACKBACK(3) | COMMENT(1) |


羞恥プレイ
初めて羞恥プレイをした

衝撃は一生忘れられない。


M男の道の第一歩をここで

踏みしめた気がする。


全裸にされて

はりつけにされ

身動きできなくされ

二人の女性が

俺のちんちんをじっくり

観察し、言葉責めをする。



あんなに興奮したことは

生まれて初めてだった。


男にとってそれ以上隠す部分が

ないくらいの部分を

さらけ出す快感。


しかも複数の女性に

見られるという非日常性が

さらに興奮を高める。

普通に生きていたら

複数の女性にちんちんを

じっくり観察されることなんて

めったにないだろう。



それからぷりんぱは

羞恥プレイの虜となった。



俺は・・・変態だろうか?



世間一般から見ればそうだろう。

でも、俺はそんなに自分を

変態だとは思っていない。


嫌がる女性に無理やり

恥部を見せて喜ぶといったような

犯罪なんて絶対しないしね。



昔、テレビで

精神科医だったか

カウンセラーだったか忘れたが

羞恥プレイを治療に

取り入れた女性がいた。


男性患者を

全裸で縛って寝かせて

恥部を観察し言葉責めをするのだ。



詳しいことはわからない。

そういう治療行為を

お金払えばやってくれる・・と

いうわけではないと思うが・・


とにかく、

心理学とかそういうのは素人だから

わからないが

羞恥プレイが精神的にいいというのは

あるような気がする。



ぷりんぱは

あまり自分をさらけださない性格なのだが

だからこそ羞恥プレイが興奮するのだと思う。

出したくてもなかなか出せない裸の自分を

引き出してくれる、それが羞恥プレイ。



実は今でも全裸で縛られてるところとか

女の子達に見られるのは

凄く恥かしい。




でも、その恥かしさが

気持ちよさに変わるのだ。



一生やめられるものではない。


皆さんも羞恥プレイ、

一度経験されてみては。

ハマって抜けられなくなっても

責任は取れませんがね・・・w








M男目線
【2008/07/17 20:04】 コラム | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |


M男系情報




プロフィール

ぷりんぱ

Author:ぷりんぱ
M男に市民権を!
全てのM男さんを
応援します!

検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
珠玉のリンク集
RSSリンク
PoweredBy

Powered By DTIブログ


close