無料
エロ
動画
M男目線
CFNM、サキュバス、痴女等M男系小説やコラムを公開していきます。
M男系情報

最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
その他

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録


縄抜け
メイン痴女=天野恵

(28歳・人気マジシャン)

生贄=後藤優一

(20歳・マジシャン見習い)



「ほらぁ何度言ったらわかるの後藤君!

そんなことじゃいつまでたっても

一流マジシャンになれないわよ!?」

「す・・すいません・・・」


薄暗い部屋で

縄で縛られた男に

女の怒号が飛ぶ。


天野恵は人気女性マジシャンだった。

主に縄抜けが得意であり

美人でスタイルがいいので

各方面からひっぱりだこであった。


優一はそんな恵に魅せられ

弟子入りしたのであるが

この優一という男、

全くマジシャンの素養がないようで

いつも恵に叱られっぱなしだった。


今日も恵の家で

縄抜けの練習をしていたのだ。

が、成果は散々であった。


恵は真剣な顔で言った。


「ちょっと危機感が

足りないんじゃないのかな?

練習だからいいけど、

これが危険な脱出マジックだったら

後藤君は死んでるわよ?」

「そ、そうですよね・・・」


「しかたないわね。

ちょっと待ってなさい」


そう言うと恵は

奥でどこかに携帯電話で

電話をかけはじめた。


10分くらい話してただろうか。


電話を切ると恵が戻ってきた。


「いい?後藤君。よく聞くのよ?

あたしの女友達で

M男系の風俗嬢が3人いるんだけど

今から15分くらいでここに来るから。

後藤君はそれまでに

その縄抜けを成功させなさい。

さもないと・・・

「さ、さもないと?」


恵の笑顔が不敵なものに変わっていく。


「後藤君のパンツを下げて

おちんちんやお尻の穴を好きなだけ

観察してもいいわって言っておいたわ。

彼女達喜んでいたわよ。

そういうの大好きな人達だからね」

「え?ええ〜〜?

そ、そんなぁ!」

「それが嫌なら精々必死に

縄抜けを成功させるのね。

ほら、話してる間にも

タイムリミットは迫ってるわよ?」

「ひ、ひい〜〜〜〜っ」


優一は必死に縄抜けを試みた。

しかし元々センスが無い上に

縄抜けの極意も何にもわかっていないので

ちっとも縄抜けは進行せず

時間だけが過ぎていった。


「ほらぁ!さっきから

何にも進んでないじゃない!

いいの?このままだと

あたしの女友達に

おちんちんやお尻の穴たくさん

観察されちゃうんだよ?

それに・・・当然ここにいるあたしにも

見られちゃうんだからね?」

「あ、あああ・・・・」


優一はあせった。

しかしあせればあせるほど

縄は優一の体に

からみつくかのようであった。


そして、無情にもそのまま

縄抜けが終わらないまま

チャイムが鳴り、

女王様みたいな格好をした

色っぽい女性が3人部屋に入ってきた。


「はい、優一君タイムアウト〜!」

「こんにちわ〜

あ〜縛られてる〜君が後藤君ね?

ふふっ・・間に合わなかったのね〜」

「うん。だから罰ゲーム!」

「そ、そんなぁ・・・」


女友達3人は

素早く優一を取り囲み押さえつけ

ロクに身動きも取れない優一の

ズボンを脱がしていった。


パンツ一丁にさせられた優一。


「あぁ・・か、かんべんしてください!」

「ふふっ、だ〜め。」

「じゃ、いくよ?最後の一枚。

うふふ・・どんなおちんちんかなぁ?」


そう言うと女友達の一人が

優一のパンツを素早く下まで下げた。


「あ〜〜〜〜〜〜っ」

「あら〜おちんちん丸見え〜」

「ふふっ、あたしも

初めて見たわ後藤君のおちんちん」


優一のペニスが恵とその女友達3人の

目の前に露になる。

優一は顔から火が出るほど恥かしかった。


しかし恵は非情にも女友達に言う。


「どんどんおちんちん見てあげて。

お尻の穴もいっぱいね。

縄抜けできなかった後藤君が

悪いんだから」

「オーケイ」


女友達3人は嬉しそうに

優一のペニスや

お尻の穴を観察し、

言葉で辱めた。

そのたびに優一はもだえっぱなしだった。

恵はちょっと離れた所で見ていたが

確実に視線は優一の恥部を捉えていた。



10分くらい続いただろうか。



優一はやっと罰から解放され

パンツをはかせてもらった。


しかし、ここで終わりではなかった。



「さ、できるまで何度でもやるからね」

「え!まだやるんですか?」

「当たり前でしょ?

マジシャンの修行を舐めるんじゃないわよ」

「ひ、ひい〜〜〜〜っ」


優一はその後10数回挑んだが

全て失敗に終わり

その都度恵と女友達3人に

パンツを下ろされ辱められた。


そのうち恵があきれたように言った。


「ねえ、後藤君・・・。

君縄抜け成功させる気ないでしょ?」

「え・・・?」


そう言うと恵は優一の

ペニスの先を指でつついた。

先っぽが濡れていた。


先走り液だった。


優一自身も気づいていなかった。

優一はいつのまにか

ちんちんを見られることに

興奮していたのだった。


「もう!あたし達におちんちん見られて

興奮してるんじゃないの!

これじゃあ修行にならないじゃない!」

「す、すいません・・」


その瞬間恵が優一の顔に

ものすごく接近して言った。


「ふふっ、思った通りね。

後藤君はそっちの気があると思ったわ。

Mの気がね。」

「う・・・」

「あたしに弟子入りしてきたのだって

あたしに縛られたいからじゃないの?」

「そ、そんなことは・・・・・。」

「いいわ、後藤君。君は破門よ。」

「そ、そんな・・・」

「君は縄抜けするよりも

縄でずっと縛られていたいタイプだもの。

マジシャンにはどう考えても向いてないし。」

「あ・・・・・」

「だからさ、弟子じゃなくて

あたしの付き人になりなさいよ。

その方が後藤君に向いてるわ。」

「つ・・付き人ですか・・・?」

「そしてね・・・あたしが毎晩

縄で縛ってあげるわ・・・

マジックとは別の縛り方でね・・・

実はあたしそっちの世界でも

ちょっとした有名人なのよ・・・うふふ」

「め、恵さん・・?」





その日から優一は

マジシャンを目指すのをやめ

恵の身の回りを世話する付き人になった。

そして仕事を終えた後は

恵にマジックではない

縛り方をされることとなる。


優一はそれから毎日

恵に完全に

身動き取れないほどに縛られ、

ペニスやアナルをじっくり観察されたり

足で踏まれたり、言葉責めをされたり、

羞恥の限りをつくされた。



人間、適材適所である。


「後藤君はやっぱり

縛られるのが好きなようね?

ほら!ほら!

一生縛り続けてあげるから

覚悟しなさい!」

「ああっ!・・・恵さんっ・・・

う・・嬉しい・・・ああっ・・!!」







【2008/07/03 21:28】 CFNM小説 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |


CFNMな関係−1
メイン痴女=吉田さゆり(21歳・大学3年生)

生贄=和田充(20歳・大学2年生)



「はぁ・・はぁ・・」


さゆりの部屋で

充は、服を着たさゆりの前で

パンツを脱いでいた。



充のペニスに

さゆりの視線がからみつく。



「おちんちん見られて恥ずかしい?」

「は・・恥かしいけど・・気持ちいい・・」

「うふっ、もっと近くで見せてもらおっと」

「はあんっ・・も、もっと見て・・・」



充とさゆりは

恋人同士ではなかった。

しかし、充が

会うたびにさゆりに

ペニスを見てもらうという

なんとも不思議な関係だった。



同じ大学、同じアパートの

隣の部屋同士なのが

きっかけで仲良くなり、

元々は夜一緒に部屋で酒を

飲んだりするだけの仲だった。



それはある日、

さゆりの部屋で二人で

飲んでいた時のこと。



「あれ?充君・・・

おちんちんはみでてるよ」

「え!?」


充は慌てて

自分の股間を確認した。

なんと、充のはいていた

短いズボンから

ペニスがはみでていた。



「あ!!!ご、ごめーん!!」

「うふふふふ」


充は慌てて

はみでていたたペニスを隠した。


充は思った。

堂々とおちんちんとか言ったり

ちんちんを見ても笑ってるなんて

結構さゆりさんって痴女タイプ・・・?


「あ〜あ、しまっちゃった。

つまんないの」

「からかわないでよ!」

「うふふ、からかってないわよ。

ねえこうなったらさ、

おちんちん全部見せてよ」

「へ?」

「もうすでにちょっと見えちゃったんだから

今更全部見せても変わらないじゃない」

「い、いや・・」

「見てみたいな・・・

充君のおちんちん・・・

ね、そういうのHでいいと思わない?」

「う・・うーん・・・」


さゆりからのあまりに意外な言葉。

酔ってるのだろうか?


しかし、充もそう言われると

だんだん見せてもいいかなと

いう気持ちになってきた。



「あ、じゃ、じゃあ・・・

ちょっとなら・・見せても・・いいよ・・・」

「ほんと?」

「う、うん・・」

「じゃあパンツ脱いで」


充は立ち上がると

パンツに手をかけ、

さゆりの方を向いて

ゆっくりとパンツを下ろした。

充のちんちんは

さゆりの目の前でモロに露になった。


「あら〜・・・充君のおちんちん

見えちゃった。うふふ」

「は、恥かしい・・・」

「こういうのCFNMっていうのよね。

まだ日本じゃマニアックなジャンルだけど

結構愛好者がいるのよ」

「CFNM・・・」

「最初は恥かしいけど、

だんだんその恥かしさが

気持ちよさに変わっていくの。

一度ハマるとやめられないみたいよ」

「そ、そうなんだ・・・」


ああ・・・僕は

さゆりさんにちんちんを

見られてしまってるんだ。

なんか、自分の全てを

さらけ出してるようで

気持ちいい・・・。

でも、やっぱり恥かしい・・・。


恥かしさと不思議な

気持ち良さでもだえるみつる。


「うふっ、じゃあ恥かしいのに

耐えたご褒美あげるわ」

さゆりはそう言うと

充のペニスを手でしごき始めた。


「ああっ、さ、さゆりさん・・

気持ちいいっ・・」

「いいわぁ、

充君のそのあえぎ方」


ペニスを見られた

興奮があったのか、

充は決して早漏と

いうわけでもないのに

あっという間に射精した。


「はや〜い。充君早漏?

それともおちんちん見られて

興奮したからすぐ

イッちゃったのかな。うふふ」

「そ、そうなのかな・・」

「これからさ、

時々こういうことしちゃおうよ。

おちんちん見て欲しくなったら

いつでも部屋においで」

「う、うん・・・」


さゆりのあまりに大胆な発言に

充は興奮した。

そして、完全にCFNMと

さゆりの虜になっていたのだ。


続く





M男目線
【2008/06/23 19:19】 CFNM小説 | TRACKBACK(0) | COMMENT(9) |


M男系情報




プロフィール

ぷりんぱ

Author:ぷりんぱ
M男に市民権を!
全てのM男さんを
応援します!

検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
珠玉のリンク集
RSSリンク
PoweredBy

Powered By DTIブログ


close